病院勤務者のストレス発散方法

病床数の多い病院勤務は、看護師がシフト制で夜勤に対応し、各医療スタッフが二十四時間体制で患者のケアに従事しています。
そのため、患者側としては安心して治療に専念する事ができますが、看護師を含めた医療従事者には過酷な労働環境になるケースも見られます。
ですから、病院勤務を継続する上では個々で適切なストレス発散を行い、心身ともに健康状態を維持する事が必要とされるのです。

ストレス発散の為には、それぞれの精神的負担になっている原因を探る事が不可欠です。
ストレスの蓄積は交感神経の過度な働きを強いるもので、身体的な疲労にもつながる要素です。
その結果、思考力の低下や鬱症状、腹痛や過食など、様々な症状を発症する可能性も秘めたものである為、早期の対策が求められるのです。

ストレス発散方法には、あえてストレスの原因を認知しない方法や、新たなスキルを習得し再度同じ精神的負担を感じないようにする方法など、様々な手立てが挙げられます。
一般的には、休日の心身のリラックスが効果的ですが、再度同じようなストレスに晒されることで心身の疲労がまた蓄積されてしまうので、ストレスに対する考え方を変えたり、不安を助長する思考プロセスに変化を与えたり、完璧に看護業務を遂行する完全主義的な姿勢を改める事も大切です。
それぞれの職場で遭遇するストレスに対した効果的な解消法の手立てを考案することができれば、自ずとストレスの蓄積は回避されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です